見れば分かる性病

girls wear a black lingerie

性病に感染をしたら病院や検査キットなどで検査をして、適切な治療法を施しますよね。しかし、検査をしなくても問題が無い性病があります。問題が無いというのは害が無いということではありません。検査をするまでもなく、見ただけで分かる性病ということです。その性病とは性器ヘルペスです。性器ヘルペスの症状は、まず水ぶくれが出来ます。男性はペニスで女性は大陰唇、小陰唇に出来ます。やがて、その水ぶくれが破れて潰瘍になります。これだけ見た目に表れるので、発症をしたら検査するまでもなく、すぐに性器ヘルペスであると分かります。性器ヘルペスの症状はこれだけではありません。初めて性器ヘルペスを発症した場合、とてつもない痛みに襲われます。女性は痛すぎて歩くことも満足に出来ず、排尿も出来ません。他には発熱や倦怠感も出てきます。性器ヘルペスを再発した場合は、このような痛みや発熱などといった症状は出ません。あくまで初めて発症した場合です。水ぶくれや潰瘍の症状は再発であっても絶対に出ます。
ひと目見れば性器ヘルペスであると分かるので、通販などで治療薬を買ってすぐに治療に取り掛かりましょう。当然、早く対処を始めたほうが治りも早いです。薬の服用を続けていれば治療が出来るので、治療自体は難しくない性病なのですが、再発率の高い性病です。なので感染には気をつけましょう。セックスで感染することが多いですが、他には親から子へ唾液などを介して感染する場合もあります。性器ヘルペスを発症していると、出産時にも感染の危険があります。その場合は帝王切開をすれば大丈夫です。